作業現場

【お掃除ロボ付エアコン洗浄用】売って無いので専用工具造りました。|安心はプライスレス

今日はですね~お掃除ロボ機能付で天井との隙間がなんと7.5cmの無茶苦茶たいへんなロボ機能部の外しと取付で、これはやばいなと冷っとした経験です。

通常のAI自動お掃除機能など付いてない場合は関係無いです。

エアコントップと天井の隙間は必ず電気屋さんが10~15cm以上あけるようにするのですが、測ったら7.5cm。

これ。マジですか~取り付けたエアコン屋さ~ん(T0T)

 

勿論整備性の問題もありますが、空気吸込みの問題もあるのでそう指示されてるのですが下に窓サッシが近かったり、狭い部屋に大型エアコン取り付けたりするとたまにこういう現場に出会います。

いや~(-_-;) 手が太いので地獄です。

もう見えないので鏡で確認しながら作業しますが、鏡使うと両手でラチェット側の押さえ込みが出来ない!
こちらに落としたら地獄が待っています(主軸側)。

 

こちらであればまだ簡単です(支え軸側)。

 

 

慣れで外すことは出来ますが、ショートビットは両手でしないと磁力が弱いのばかりですので下手したらネジ落とします。

この位置で落としたらジエンドレベルで再度外しというよりファンまで外さないといけなくなります。(+30分~1時間)

 

このヒヤリ経験を元に私は「薄板ラチェット+25mmショートビット」での極狭用は勿論使用する事もありますが、こういう高所での機材が特殊な場合は使用禁止しないと危険だなと感じました。

そこでトネ工業さんの「ミニラチェット+ビット45mm」に「エンジニアマグネット35mm」を付けた確実な工具を造りましたのでそれを使用します。

 

※これあると見えない位置で頭外れてもこの通り安全。(ショートビットタイプ単体でこの磁力は不可能だし売ってません)

 

昔落としたことがあって、エアコン仕組み分かってる人なら通じますが、ファンも支え軸側に落としてもすぐ何とでもなりますが、主軸モーター側に落としたらもう外すしかなくなります。

まして今回の様に天井との隙間が無い場合は「フレキシブルドライバーなんか意味が無い」ので尚更です。

 

注意ポイント

エアコン洗浄業者さんによっては天井との隙間が無い場合断る業者さんもいます。

あとAIお掃除ロボ機能付いてる時点で断る業者さんもいますので、お客様も今一度状況見積り確認の際には写メを撮って送る事をおすすめします。

 

しかしタイトルが大袈裟で申し訳ないですが、これが最強に便利なんです。

何で造らないといけないかというと45mmの片頭ビットって売ってません。(両頭ビットしか何故か売ってない)

この片側形状でないと本体と外れやすくなる。

ショート25mm単体では当然こうなります。

 

※36mmは売ってますがまだ足りず45mmでは片頭ビットが存在しない(売ってない)。

 

なので両頭で非売品長さの自分専用長の片頭ビットを2つ製作っておくと本当に便利です。

マグキャッチャー装着状態で印をつけて、ギリギリショートのベストサイズにします。

バンドソー無い人はグラインター垂直カット。

片頭ショート2本+六角ビット1完成。(角取必須)

 

当たり前ですが完璧サイズなので自分だけのジャストサイズを良く使用してます。
絶対に落ちないレベルの最ショートビット。(ネオジウム輪っか磁石使うと更に短く出来るのは出来ますが機材側で鉄に引っ付いたら取れないレベルで磁力が強すぎて危険です)

 

軽量プライヤー(ペンチも)磁力で持てるので、絶対に落ちません。
けどネオジウムの様な接着的なことはなく使いやすくて、通常の磁石ビットの3~5倍位イメージしてもらえたら解りやすいです。

 

ちなみに業者さんによって異なりますが、私はエアコン分解時は110cmがメインで多用します。
もちろん使いやすいのは65mm。
「36mmじゃダメ、45mm両頭じゃなく片頭がいい、55mmじゃ長い」という時の「42mm片頭ビット」はマグキャッチ装着したままミニラチェで作業できるので、高所局部作業で非常に重宝します。

 

 

安心はプライスレス!

 

 

今年もあと数日と少しですが、エアコン洗浄だけで残り7件の予約です。

他にも回収系が年末は多いですね💦

燃えてます🔥

丁寧に頑張るぞ~!

 

 

料金目安:壁掛けエアコン洗浄

  • ノーマルエアコン:9.800円
  • お掃除ロボタイプ:+7.000円
  • ※パン・ファン完全分解コース+9.000円。

※お時間一時間程度。(ロボットタイプ2時間程度・完全分解漬洗浄2.5時間~程度)
※繁忙期は多少変動しますので、春・秋・冬がお薦めです。

こんなくらしの家守隊よろしくお願いいたします。

 

 

同じ状況の現場出会った事ある業者さんなら分かると思います。
家守隊
家守隊

-作業現場
-